真空包装レトルト殺菌による
レトルトパウチ常温保存・販路拡大

TOSEIならレトルトパウチで
ライバルに差がつけられる

真空包装機「TOSPACK」
V-307GⅡ

小型高温高圧調理機「達人釜」
FCS-KM76

レトルト食品業界は新型コロナウイルスの影響で高い成長率

レトルト食品市場は2019年に前年比3.6%増、レトルトカレー市場は2020年に前年比4割増と各種食品領域において成長をしています。コロナ禍における家庭での食事機会や家飲みの増加、テイクアウトや宅配需要の増加、非常食・備蓄用食品への関心増加が追い風となっている。

真空包装とレトルト殺菌による
「レトルトパウチ」のメリットは?

食の安全を確保

高温加熱で食中毒の
原因となる菌を殺菌します

原因物質 加熱処理
腸炎ビブリオ 60℃、10分間程度
黄色ぶどう球菌 60℃、30分間以上
カンピロバクター属菌 中心部を75℃、1分間以上
サルモネラ属菌 中心部を75℃、1分間以上
腸管出血性大腸菌 中心部を75℃、1分間以上
ノロウイルス 中心部を80~90℃、90秒間以上
ボツリヌス菌 121℃、4分間以上

販路拡大で売上アップ

レトルトパウチによる通販や
テイクアウトで販路が拡大

真空化により酸化・腐敗・乾燥を防止

冷蔵・冷凍することで長期保存も可能に

121℃で4分、あるいは同等以上の条件で加熱することで、食中毒の原因となる菌を殺菌

レトルト殺菌により常温での保存が可能に

製品のご紹介

真空包装機「TOSPACK」V-307GⅡ
  • 上下にヒーター線があることで、アルミ袋やガゼット袋、特殊な袋もシール可能
  • チャンバー式で使いやすい傾斜型
  • 傾斜がついているので液体にも対応可能
小型高温高圧調理機「達人釜」FCS-KM76
  • 小ロット対応のコンパクト設計
  • 小型だからボイラーや圧力容器の資格も不要
レトルト食品を販売するには
殺菌データ(F値)の保管が必要
専用プリンターで殺菌データの印字が可能
(F値、食品温度、庫内温度、調理時間、圧力等)
利用シーンに合わせてさまざまなタイプの
耐熱パウチをご用意しております
真空フィルムについて

1回あたりの生産能力

袋サイズ(パウチ) 最大容量
200~300cc 45~60袋
400~500cc 15~30袋
1000cc 15袋

1回あたりの作業のランニングコスト

電気代
1回あたり4.8kWの電気量(単相200V)
業務用電力(東京電力)で試算 15.8円/kWh
水道代
1回あたり使用水量 0.12㎥
上下水道(東京都) 336㎥

電気代・水道代あわせて1回あたり

(4.8×15.8) + (0.12×366) = 119.76
約120円
<算出条件>温度120℃、時間30分、パウチ1000cc×15袋

レトルトパウチによる
常温保存したい場合の流れ

実際の使い方やイメージはこちらから

お気軽にお問い合わせください

関連コンテンツ

最新情報・お勧め製品