お気軽にお問い合わせ・ご相談くださいお問い合わせ時間外のためフォームへ遷移します
フリーダイヤル 0120-002-4900120-002-490(土日祝・休業日を除く)

大型コインランドリー機器 トップシェア※当社調べによる

10~12%の高利回り※1
TOSEIの
コインランドリー経営

  • 高い節税効果 即時償却または税額控除※2
  • コロナ禍の事業再構築支援 補助金制度活用※3 最大1億円
  • コインランドリー開業・運用資金どれくらい?
  • コインランドリー儲かる店舗のポイント
  • 安定収益シミュレーション不動産投資との違いは?
  • 遊休地 空き物件の土地活用に◎ 無料で商圏調査も

※1 当社実績を基に算出。将来の運用利回りをお約束するものではありません。
※2 税制面(中小企業経営強化税制に基づく)に関する対応は、必要に応じ専門家をご紹介いたします。
※3 経済産業省/中小企業庁 中小企業等事業再構築促進事業による補助金です。詳しくは中小企業庁のHPをご覧ください。

C . The Launderette北上店

10~12%の高利回りTOSEIのコインランドリー経営10~12%の高利回りTOSEIのコインランドリー経営

コインランドリー経営セミナー
開催スケジュール

※事情により開催セミナーが録画配信となる場合がございます。予めご了承下さい。

セミナー動画・事業説明動画のご案内

オンデマンド動画配信が始まりました

もっと見る

コインランドリー機器・真空包装機器 2021年 展示会 出展情報

3つの優遇税制で高い節税効果

コインランドリー経営なら数千万円の節税が可能?!

  1. 即時償却または税額控除
  2. 固定資産税の3年間免除
  3. 相続税対策土地の評価が8割減
  1. 1. 中小企業経営強化税制:初年度から即時償却または10%の税額控除が可能(2023年3月31日まで)
  2. 2. 生産性向上特別措置法に基づく特例:固定資産税が最大3年間免除(2023年3月31日まで)
  3. 3. 小規模宅地等の特例:土地の相続税の課税評価額がコインランドリー経営の場合だと80%が減額に

※ 税制面(中小企業経営強化税制に基づく)に関する対応は、必要に応じ専門家をご紹介いたします。

遊休地や空き物件をお持ちの
オーナー様・不動産会社様

コインランドリー経営なら
長期安定した土地活用&不動産経営
実現できます!!

コインランドリー経営のメリット

  1. 平均10年以上の長期契約
  2. 飲食店と比べ退去率が低い
  3. 高い節税効果!相続税対策にも
  4. 主婦・若者の集客力UP

無料で商圏調査を実施します

TOSEIはコインランドリー経営のための独自の商圏データを保有しており、
候補地の物件やエリアがコインランドリー経営に適しているかを調査します。

  • ・建物の広さ、間口の広さ
  • ・建物の設備状況、修繕範囲
  • ・駐車場の有無や台数
  • ・候補地の人口、想定利用者
  • ・周辺エリアの店舗状況、他社状況
  • ・その他諸条件

適した条件の物件かどうか?調査の上、ご提案します

こんな方はぜひ一度お問い合わせください!

  • 物件を長期に安定稼働させたい方
  • 物件の空き状況をなんとかしたい方
  • 不動産活用を検討されている方
  • 新たな業態を検討されている方

業務用洗濯機器70年
国産メーカー
ならではの品質信頼

  • クリーニング
  • 病院
  • コインランドリー
  • ホテル

国内トップシェア

業務用洗濯乾燥機 2019年度 出荷台数シェア 45%

成長を続けるコインランドリー市場

コインランドリー市場は約5300億円規模へ!

  • ※1999年~2011年までは厚生労働省調査資料より。2015年~2021年は当社調べ。
  • ※2 現在の市場規模に加え、日本人が保有する洗濯可能なふとん(約2億枚)をコインランドリーで年1回洗濯(2000円)する新習慣を加算した場合(当社調べ)

TOSEIが選ばれる理由 01

「洗濯乾燥機」が
高収益&高稼働率のカギ!

  • 一般的なコインランドリー
  • TOSEIのコインランドリー客単価2倍

小スペースでも、高客単価

TOSEIが選ばれる理由 02

No.1シェアの国産メーカーならではの性能で
他店と差別化&顧客満足度UP

  • 最低限の水量でも高洗浄力
  • 短時間でしっかり乾く最高レベルの乾燥性能

TOSEIが選ばれる理由 03

圧倒的な品質と信頼性
安心してご利用いただけます

  • 盗難被害0件無人のコインパーキングと同等品質の精算機
  • 頑丈で壊れにくい高品質で長期利用が可能です

TOSEIが選ばれる理由 04

キャッシュレス時代のランドリー
マルチ決済が可能なのはTOSEIだけ

日本初!クレジットカード対応

TOSEIが選ばれる理由 05

増える「布団洗いニーズ」に対応
敷ふとん専用の乾燥機があるのはTOSEIだけ

20~30分のスピード乾燥

TOSEIが選ばれる理由 06

TOSEI × コラボで時代のニーズをくむサービスを提供
コインランドリー利用者の利便性向上に

TOSEIが選ばれる理由 07

充実のサポートサービス
困った時も365日24時間1次コール受付がサポート

  • 店舗の売上・稼働・回収状況はインターネットで一元管理
  • 機器トラブルや返金対応も遠隔操作で安心

いずれもオプションとなります。詳しいサポート内容はお問い合わせください。

TOSEIが選ばれる理由 08

デザイン性の高い店舗設計

メーカーですが…
開店までフルサポートいたします!

OWNER'S VOICE

コインランドリー経営で
実績を出されているオーナー様

ダイハツ広島販売 西風新都店D-WASH様
洗濯の待ち時間に自動車ショールームを回遊
当社が主に取り扱う軽自動車は約7割が女性ユーザーであり、土地柄、西風新都には子育て世代のファミリーも多く、洗濯から乾燥までワンストップの・・・
コインランドリー ラクラシカ様
兼業のLPガス事業を生かしたコスト低減
兼業のLPガス事業を生かすことでランニングコストの大部分を占めるLPガスのコスト削減をできることが一番のメリットです。また、運営面ではガソリンスタンドを併設する・・・

成功の秘訣を説明会で詳しくご紹介!
ぜひ説明会へご参加ください

説明会に参加する

マンション投資とコインランドリー経営
ここまで違う!

マンション投資と比較!

初期投資は同じでも、これだけ差がつく

投資回収期間約7年、
利回り10%以上(当社調査)

詳しい損益シミュレーション比較を説明会でご案内いたします

異業種でも
併設による売上・集客UPの
事例が増えています!

レンタルボックス&
コインランドリー
無人運営のレンタルボックス(トランクルーム)との組み合わせによって、土地の有効活用に貢献します。
レンタルボックス&コインランドリー
コイン洗車場&
コインランドリー
パパが洗車している間にママはコインランドリー。ご家族の利用により客単価をアップ。
コイン洗車場&コインランドリー

詳しい異業種併設の事例を
ご案内しています
ぜひ説明会へご参加ください

説明会に参加する

物件をご紹介ください!!物件をご紹介ください!!

累計8,500店舗・
業界シェアNo.1
全国直営店の経営ノウハウ

TOSEIのコインランドリー
経営説明会へ
ご参加ください

VOICE

説明会参加者の声

  • 事業会社の新規事業開発部門 A様
  • 空き物件を活用したいテナントオーナー B様
  • 個人事業主でもあり投資家でもある C様

無料説明会・個別相談お申込み

必須マークのある項目は、必ず入力してください。入力が終了したら「送信する」ボタンを押して下さい。

入力内容に誤りがあります。

お名前(漢字)
この項目は必須です。
この項目は必須です。
お名前(カタカナ)
この項目は必須です。
この項目は必須です。
法人または個人事業主
この項目は必須です。
法人名
※会社の種類まで入力下さい (株式会社・有限会社・合同会社等) この項目は必須です。
部署
この項目は必須です。
役職
この項目は必須です。
資本金
この項目は必須です。
年齢
この項目は必須です。
性別
この項目は必須です。
業種
この項目は必須です。
業種(その他)
この項目は必須です。
電話番号
この項目は必須です。
電話番号(第二)
お持ちの場合は入力ください この項目は必須です。
メールアドレス
この項目は必須です。
ホームページURL
ホームページが無い場合は「無し」とご記入下さい この項目は必須です。
ご住所
この項目は必須です。
この項目は必須です。
この項目は必須です。
この項目は必須です。
お申込み内容
この項目は必須です。
セミナー参加方法
この項目は必須です。
申込人数
この項目は必須です。
TOSEIとのお取引はございますか
この項目は必須です。
説明会参加目的
この項目は必須です。
コインランドリー開業の目的
この項目は必須です。
コインランドリー開業の目的(その他)
この項目は必須です。
開業予定時期
この項目は必須です。
アンケート(1)
弊社のことをどこで知りましたか? この項目は必須です。
アンケート(2)
弊社を選ばれた理由をお教えください この項目は必須です。
アンケート(3)
事前に質問はございますか?
アンケート(4)
比較されているメーカー/代理店はございますか? この項目は必須です。
比較されているメーカー/代理店名
この項目は必須です。
出店候補地
この項目は必須です。
出店候補地住所
この項目は必須です。
出店希望エリア(都道府県)
この項目は必須です。
出店希望エリア(市区部)
この項目は必須です。
開業準備金
この項目は必須です。
ご連絡の時間帯 第一希望
この項目は必須です。
ご連絡の時間帯 第二希望
希望の場合は選択ください この項目は必須です。
個人情報保護方針
同意しますこの項目は必須です。
弊社の「個人情報保護方針」をご確認の上、同意いただける方は上記をチェックしてください。

入力内容に誤りがあります。

コインランドリー経営のメリット・デメリットは?

需要の高まりに比例するように、市場が大きく成長しているコインランドリー経営。成長市場である以外にも、安定した経営が期待できるメリットがたくさんあります。

コインランドリー経営のメリット

(1)節税効果が期待できる
要件を満たせば、「中小企業経営強化税制」により、設備費用の即時償却や取得価格の10%の税額控除といった法人税(個人事業主の場合は所得税)の税制優遇も受けられます。
また、土地活用としてコインランドリーを開業することで、相続時に小規模宅地の評価額の特例が適用されるといった利点も。400㎡までの土地は相続税評価額を80%軽減できるので、例えば空き地の場合1億円の評価になる土地が、コインランドリーを開業することで2,000万円の評価になり、相続税の軽減効果が期待できます。
コインランドリー経営に適応される税制優遇について詳しく見る 
(2)管理の手間が少ない
コインランドリー経営では、毎日の施錠、定期的な掃除や集金、メンテナンスは必要ですが、基本的に無人で運営できるので管理の手間を抑えることができます。利用者からの問い合わせ対応も、自ら行うほかアウトソーシングすることも可能です。
(3)ランニングコストが低い
コインランドリー経営では、基本的に無人運営が可能なので、人件費を抑えることができます。水道光熱費はかかりますが、経年劣化による補修が必要となる賃貸経営などと比較し、ランニングコストを抑えることができます。
(4)リピーターが多い
コインランドリーの利用客は、ほとんどが近隣の住民であるため、継続的に利用するリピーターを獲得しやすい業態と言えます。通い続けてもらえる店舗づくりを行い、リピーターを増やすことで、安定した収益を上げることが可能です。
(5)収益性が高い
上述したように、人件費やランニングコストを抑えられ、かつ活用する機会が広がっているコインランドリー経営は、効率的な経営が可能な業種だと言えます。

一方で、デメリットもあることも理解しておきましょう。

コインランドリー経営のデメリット

(1)初期費用が高額(ただしアパート経営よりは少額)
コインランドリーを開業する際は、機器や設備の導入に初期費用が必要になります。洗濯機や乾燥機のほかにも、両替機や監視カメラなどの導入費用、宣伝広告費なども見込んでおく必要があります。ただし、マンションやアパート経営の初期投資額と比べると少額で開業することが可能です。またコインランドリー経営は適応される補助金や融資制度も豊富なので、しっかりと活用しましょう。
活用できる補助金や融資の特例はこちらから
(2)防犯上のリスクがある
無人で経営できるメリットがある一方で、両替機を狙った強盗、衣類や下着の窃盗などが生じるリスクがあります。定期的な見回り、監視カメラの設置、保険の加入、ポスターの掲示などの対策を行うことが大切です。最近はキャッシュレスに対応した機器もあり、セキュリティ向上や管理の手間削減を実現できます。ただし、TOSEIの精算機はコインパーキングと同等の防犯性能でこれまで盗難被害は0件(2021年10月時点)の実績です。

(3)競合との差別化が難しい
需要の高まりとともに出店数が増えているコインランドリー市場は、近距離にライバル店が出店しているといったケースも多くなりがちです。他店舗との差別化を行い、魅力的な店舗にすることで利用客を獲得し、さらにリピーターになってもらう工夫が必要です。

コインランドリー開業・運営の費用はどれくらいかかる?

コインランドリーの開業を考える際には、開業時にかかる初期投資の費用、開業後の収支や利益を試算し、計画を立てておくことが重要です。初期費用や開業後の収支は、店舗の規模や導入する機器の種類によっても変わりますが、ここではTOSEIが運営する2つの店舗の事例をご紹介します。

初期費用例(大規模店・小規模店)

A店は、先進のランドリー設備を導入した大規模都市型店。B店は、マンションが建ち並ぶ住宅街に開店した、コンパクトな都市型店。それぞれの初期費用をみてみましょう。

A店:大規模店 B店:小規模店
建坪 32坪(約107㎡) 15.23坪(約50㎡)
機械数 12台 7台
初期投資 機械代 約2,700万円 約1,600万円
  工事費 約1,100万円 約700万円
合計 約3,800万円 約2,300万円

補助金には、他にもさまざまな種類があり、自治体によっても異なります。コインランドリーを開業する地域にどのような補助金があるかを調べてみましょう。 要件さえ満たせば必ず受けられる融資制度については、情報をしっかりと入手して、活用できるよう取り組んでいきましょう。

開業後の月の収支例(大規模店・小規模店)

続いて、A店、B店それぞれの月間の売り上げ、ランニングコスト、初期費用の返済などをふまえた、収支のシミュレーションをみてみましょう。

A店:大規模店 B店:小規模店
売り上げ 約112万円 約75万円
ランニングコスト 約31万円 約21万円
機械代返済 約27万円 約15万円
工事費返済 約11万円 約7万円
月間純利益 約43万円 約32万円

※機械や工事費の返済は、10年返済で算出しています。
※上記収支は、あくまで標準例として記載していて売り上げを保証するものではありません。

機械代や工事費の返済が終われば、純利益をさらに増やすことができます。ただし、経年により機器の修理や交換が必要になることも考えておきましょう。

コインランドリー経営で“儲かる店”になるためのポイントとは?

コインランドリーの需要の増大という大きな波に乗って、安定した利益を出していくためにはどのような視点を持っておくとよいのでしょう? 3つのポイントをご紹介します。

(1)立地の見極め
コインランドリー経営を成功させるために、何より大切なことが立地です。コインランドリーの利用を見込める客が住んでいるかどうか、利用客がアクセスしやすい場所かどうかなど、コインランドリー経営にふさわしい立地かどうかの見極めが重要です。
周辺を通行する人を観察し、年齢層や属性、コインランドリーへのニーズがある住民が多いかどうかも確認しておきましょう。
(2)ニーズを捉えた設備のセレクト
コインランドリーの活用が多様化するなか、どのような機械を導入して売り上げをアップしていくかは、安定運営のカギを握っています。 例えば、洗濯機と乾燥機が別々になっている一般的なコインランドリーの場合、客単価は500円〜600円。一方、洗濯と乾燥がワンストップでできるTOSEIの洗濯乾燥機にした場合は客単価が800円〜1,200円までアップしたというデータがあります。
また、健康意識の高そうな住民が多い地域では、「ふとん洗い」に対応した機器を導入したり、子どもが小さなファミリー層が多い地域では「スニーカー洗濯」に対応した機器を導入したりといった工夫も可能です。
(3)コインランドリー+αの付加価値の提供
コインランドリー+αの機能を加えることで、人を呼び、さらにリピーターとして定着してもらうことが期待できます。 例えば、コインランドリーにカフェや雑貨店を併設することで、仕上がりを待つ時間を快適に過ごせるとともに、人が集まるような地域のコミュニティの場となることが期待できます。この場合は店内の雰囲気をデザイン性の高い、おしゃれな雰囲気にすることもコツです。TOSEIの機器であればこのような店舗づくりが可能です。

C . The Launderette 北上店(シーザランドレッテ北上店)

クックパッドが運営する生鮮食品EC(通信販売)サービスや宅配ボックス、フリマアプリ用の撮影ブースを設置するなど、企業とのコラボレーションによって集客効果を上げている店舗もあります

コラボレーション事例はこちら

また、コイン洗車場を併設することで、洗濯と洗車を一度にすませる利便性を届けるような工夫も可能です。

ふれ愛ランドリー 

さらに、「災害対策コインランドリー」として、災害時の洗濯や乾燥を無料開放するとともに、炊き出しや電源供給スポットとして機能する取り組みもはじまっています。

災害対策ランドリーについて詳しくみる 

ライバルの多いコインランドリー経営で差別化するために、どのような付加価値を提供できるか考えておきましょう。

自分で経営する以外にも方法はある?コインランドリー経営の業態

コインランドリー経営を行うには、大きく3つの方法があります。自分で一から店舗を立ち上げて経営する以外にも方法はありますので、経営スタイルに合っている方法を検討しましょう。

●自分で店舗を経営する方法
自分が起業者となって、コインランドリーを出店する方法です。出店場所、運営方針などは、すべて自分で管理可能です。経営能力に自信のある人、自分のアイデアをカタチにしたい人に向いています。そのぶん、すべて自分で行わなくてはならないため、手間や責任が大きくなるという側面があります。
●フランチャイズの店舗を経営する方法
コインランドリーの事業者と契約を結び、チェーン店舗として経営を行う方法です。すでにできあがった企業イメージや運営ノウハウ、マニュアルなどを受け継ぐことができ、サポートを受けながら進めることが可能です。起業がはじめての人にも向いています。一方で、自由度が低く、利益に対するロイヤリティが発生すること、規約違反をした場合はペナルティが発生する場合があることも理解しておきましょう。
●土地をコインランドリー事業者に貸す方法
コインランドリーを行う事業者に所有する土地を貸し、賃料を得る方法です。開業のための初期投資や運営資金は不要で、安定した収入を得られるメリットがある一方で、どれだけコインランドリーが繁盛しても収入が増えることは期待できません。

利用客を惹きつけ、ライバル店と差別化できるコインランドリー経営を

単に洗濯をする場から、近隣の人々が集まる暮らしに欠かせない場へ。コインランドリーの利用ニーズが高まるなか、コインランドリーの可能性はますます広がっています。遊休地の活用を検討している方、地域の人々の暮らしに役立つ事業をはじめたいという方は、今回の情報を参考に、時代のニーズにマッチしたコインランドリー経営を検討してみませんか?